要らないものを売って小遣いゲット

自宅に要らないものはありませんか?買った時には大切で必要なものだったが、時間の経過とともに要らなくなるものがありますよね。

必要ないものをごみとして捨てればそれで終わりです。1円の得にもなりません。しかし、中古品買取りサービスを行っているお店に売ればいくらかは手元に入ってきます。

▼洋服をリサイクルショップに売りに行こう!

私は着なくなった洋服や流行遅れとなってしまった洋服をリサイクルショップに売っています。以前はクローゼットの奥深くに眠らせていましたがこれでは一向に片付きません。捨てるにしても、近所の目が気になります。

そこで利用し始めたのがリサイクルショップです。私は少しでも高く売れるように、ブランドの洋服とノンブランドの洋服を売るお店は
分けています。

どんな用洋服でも買い取ってくれるところだと、ブランドの洋服でも少し安めになってしまうので、少しでも高く売れるお店を選んでいます。

必要ない洋服を売れば多少なりとも手元にお金が入ってきますから、そのお金でまた新しい洋服を買う足しにできますよ。クローゼットの
中もスッキリできますし、一石二鳥ですね。

▼ブランド物は3年以内に!

ブランド物の洋服やバッグなどは購入してから3年以内に売れば比較的高めに買い取りをしてもらえます。

ただし、日本人が大好きなブランドである「ルイヴィトン」は10年前のものであっても3年前に購入したものでも、保存状態が良ければ買い取り価格がほとんど変わることなく買い取ってもらえます。

大切なブランド物はきれいに丁寧に使う人が多いと思いますが、使わなくなった後もきれいに保存をしておくことで、思わぬ収入となって
返ってきますよ。

▼贈答品も売りましょう!

贈答品としていただいた食器やタオル、お酒なども未使用品であればリサイクルショップに売ることができますよ。消費期限がある食品は
売ることはできませんが、そのほかのものであればたいていの場合買い取りをしてもらえます。

私は以前頂き物のグラスや食器、毛布、ウィスキーを買い取りしてもらった経験があります。贈答品は箱も大きく場所も取ります。必要ないのであれば早めに売って小遣いにしませんか?

Facebookでコメントする